KURAGE online | タブレット の情報

KURAGE online | タブレット の情報

「 1人1台 」 の情報 

【特集】従来の学びにICTの利点を生かしたハイブリッド教育…履正社

履正社学園豊中中学校・履正社高等学校(大阪府豊中市)は今年度、中1生に1人1台のタブレット端末を配布し、各教室に電子黒板を導入した。

教員支える「助っ人」奔走 ICT活用授業で田辺市 - 紀伊民報

小中学生に1人1台のタブレット端末が配備され、学校でICT(情報通信技術)を活用した授業の導入が進む中、和歌山県田辺市では専門的な技術を持つ「ICT支援員」

教員支える「助っ人」奔走 ICT活用授業で田辺市 - 紀伊民報

小中学生に1人1台のタブレット端末が配備され、学校でICT(情報通信技術)を活用した授業の導入が進む中、和歌山県田辺市では専門的な技術を持つ「ICT支援員」

タブレット活用例示す 青谷で教員向け公開授業 - 47NEWS

本年度、小中学生に1人1台のタブレット端末を配布したGIGAスクール構想の推進に向け、活用例を示す公開授業が27日、鳥取市青谷町青谷の青谷中であった。

女児自殺 両親「真実を明らかにしてしっかり検証を」|NHK 首都圏のニュース

19日、女の子の両親がNHKの取材に応じ、両親によりますと複数の同級生の話で、授業で使うために学校から1人1台配られたタブレット端末のチャット機能を使い、

尾木直樹氏が「タブレットの悲劇」小6女児自殺事件で再提言 - ライブドアニュース

昨年11月の町田市の小6女児の自殺事件に言及し「第三者調査委員会」の立ち上げを提言した。 事件があった小学校は児童に1人1台のデジタイルタブレット

尾木直樹氏が〝タブレットの悲劇〟小6女児自殺事件で再提言「第三者調査委員会を立ち上げを」

事件があった小学校は児童に1人1台のデジタイルタブレットを配布するというICT(情報通信技術)教育推進モデル校だったが、タブレットを使用し、

広がる自宅で授業 道内の小中学校、1人1台端末活用 「対面に近い」と好評 通信環境で格差も

新型コロナウイルスによる学級・学年閉鎖が相次ぐ中、道内の小中学校で児童生徒に1人1台配布されたタブレットなどの情報端末を使ったオンライン授業が

“いじめ自殺”学校配布タブレットの管理は - 中京テレビ

児童らは、学校から配布された1人1台のタブレットでチャットを利用していましたが、そこで女子児童について『うざい』『死んで』といった悪口が書き込まれ

児童自殺 遺書に“いじめ” 文科省が町田市と都に聞き取り - NHK.JP

また授業で使うために学校から1人1台配られたタブレット端末で、女子児童の悪口がやりとりされていたという情報もあるとして、両親らは調査と再発防止を

Copyright© KURAGE online | タブレット の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.